犬大好き!犬と生活するブログ。

たくさんのワンコに囲まれて、超小型のミックス犬との楽しい生活。犬の健康やしつけなど、犬と暮らす人のための役立ち犬好きブログです。みなさんのワンコ生活に役立てて頂ければ嬉しいです!

犬のしつけ。信頼関係を強化して褒めて叱っていい子にしよう。

犬を飼ってる人は「陽性強化」って言葉を良く聞くと思います。というか、知ってる人が多いと思います。

f:id:plumpdjs:20140106174530j:plain

陽性強化とは「陽性」=正の行動を強化する。概ね「正=良いこと」と言われています。つまり褒めて育てるってことです。

これ、犬にとっては非常に重要なことです。

 

昔は、犬は怒ってしつけるのが当たり前でした。叩いてなんぼ、怒鳴って言うことを聞かせる。でも今それをやると虐待になっちゃいます。犬が怯えます。「殴られたくないからおとなしくしておこう」って思う。それはしつけではなく脅しですよね。ホントやっちゃいけません。

 

で、その反面である「褒めて育てる」が現在の主流になっていて、多くのドッグトレーナーさんが「叱っちゃダメ!」って言ってます。叱ってもまったくしつけにならない、って。

でも、本当に褒めるだけでいいんでしょうか?叱るって何?

 

犬だって人間と同じです。

褒めちぎるだけで伸びる子ももちろんいますが、私の見てる限りでは少数派。ウチの犬も例外ではないです。ウチの犬は褒めるだけだと調子にのります。

「陽性強化に向いている」と言われる犬種、ラブラドールレトリバーゴールデンレトリバーでさえ、褒めてだけではなかなか言うことを聞いてくれません。

 

ーーだって、悪いことをしたときはどうするの??

f:id:plumpdjs:20140106174508j:plain

仔犬が悪いことをしたら、母犬は怒ります。唸って、時には軽い体罰(軽く噛む、上から押さえつけるなど)を行います。「それはしちゃいけないんだよ」っていうサイン。

仔犬は母犬の行動にたじろぎますが、「ああ、やっちゃいけないんだな」って理解し、次第にやらなくなります。やっちゃいけないこととは社会に反すること、すなわち生きていく上でマイナスになること。だから叱ってでもやらせまいとします。

 

人間も犬も社会的生物であることは同じ。

「私はあなたの味方で、あなたにしていることはすべてあなたのためです」ということを理解してもらい、お互いの信頼関係が強固なものになっていれば、

「しつけるために必要に応じて叱る」

ということは決して間違ったことではないと思っています。

ただし上に書いたように「お互いの信頼関係が強固である」ことが大前提です。一番重要なのはここです。

 

現在は【褒める9:叱る1】位かな、と思います。叱るときは絶対叩いたり感情的になったりしません。

長くなるので、しつけについてはまた改めて。

 

今日の結論としては、

犬との信頼関係が強固になったら【褒める:叱る】を使い分けていい子に育てよう。

これからワンをお風呂に入れます。続きはまた。
---------------------------------------------------
犬の困ったこと、知りたいこと、ブログの内容で思ったことなどがありましたら、ぜひご連絡下さい。お待ちしています。
こちらへどうぞ→http://www.miraclepuppy.jp/
---------------------------------------------------