犬大好き!犬と生活するブログ。

たくさんのワンコに囲まれて、超小型のミックス犬との楽しい生活。犬の健康やしつけなど、犬と暮らす人のための役立ち犬好きブログです。みなさんのワンコ生活に役立てて頂ければ嬉しいです!

犬の冬のお散歩。寒がり、パピー、シニアで対策すること

12月後半に突入し、東京は最高気温が5度までしかあがらない日も出て来ました。

f:id:plumpdjs:20141218140859j:plain
秋まではこれくらいで元気だったんですが…今はセーターの上にダウン着てます。

寒い地域はすっかり雪景色ですよね。みなさん、お散歩はどうしてますか?
健康な中型〜大型のダブルコートの犬は寒いの大好きではしゃぎ回っているかもしれません。
だけど「どの犬も寒いのが得意なわけではない」何度も言ってますがこれです。
例えば我が家のさくら。ミニチュアピンシャーとスムースチワワのミックス犬。
これが、とても犬とは思えない位被毛が少なく短く、脇の下やお腹などは肌が露出しています。
犬って、みんながみんな、ふさふさの被毛に覆われているわけではないのです。
なので、ここでは寒がり犬についてと、お散歩の対策をお話しします。

【寒がりな犬種】
以前の記事で触れてますので抜粋します。詳しくは下の記事を読んで下さいね。


気温が下がる時の体調管理【特にスムース・シニア・超小型犬】

【寒くなる時期に気をつける犬】

健康な長毛犬(ロングコート)、中型以上の犬であれば気温の変化にいちいち気をつけることはないのですが、以下の犬は注意が必要です。

上記に補足したい犬種があります。

上記の犬種は中型〜超大型犬ですが、シングルのスムースコート(超短毛)で被毛がかなり薄いです。
肌にダイレクトに寒さが伝わってくるので、寒さに弱い子が多いです。ご注意下さいね。

【お散歩、どんなことに気をつける?】
人間もどんどん防寒する季節。あるべき毛皮がない子たちや体温調節機能が弱ってる子たちは、真冬のお散歩は色々気をつけたいですね。

  • 暖かい時間帯にお散歩する
    朝晩はとても冷え込み、地域によっては氷点下になることもすくなくありません朝晩は冷え込みますので、できるだけ暖かい昼間にお散歩してあげましょう。
  • 洋服を着せる
    特にスムースコートの犬は被毛が極端に少ないので、フリースやセーターなどのお洋服を着せてあげましょう。できればその上から、風を通さない素材の上着を着せてあげると防寒性が高いです。
  • 急激な温度差に気をつける
    暖かい室内から急に外に出ると外気温が突然変わるため心臓などに負担がかかります。シニアやパピー、病気を持っているワンコはこれで体調を崩してしまうことも意外と多いです。
    お散歩に出るときはできれば玄関などでいったん待機させ、徐々に気温に慣れさせてあげましょう。

肉球の弱い子は気をつけよう】
パピーや小型犬は肉球の皮が薄いので、低温で固くなったところに雪や氷で傷を付けて怪我をすることがあります。白い雪の上に点々と血の跡があることがたまにありますよね。

肉球の弱いワンコはこの季節は必ず毎日肉球クリームをつけてケアをし、氷等を踏ませないようにしたほうがいいです。

f:id:plumpdjs:20141218142018j:plain
さくらの冬装備。インナー+フリース+Gジャン。Gジャンはモコモコの裏地付き。これでも寒い時間はブルブル。

楽しく気持ちよく健康に、冬を越したいですね!

 ---------------------------------------------------
犬の困ったこと、知りたいこと、ブログの内容で思ったことなどがありましたら、ぜひコメントして下さい。お待ちしています。
こちらへどうぞ→http://www.miraclepuppy.jp/
---------------------------------------------------