犬大好き!犬と生活するブログ。

たくさんのワンコに囲まれて、超小型のミックス犬との楽しい生活。犬の健康やしつけなど、犬と暮らす人のための役立ち犬好きブログです。みなさんのワンコ生活に役立てて頂ければ嬉しいです!

犬の避妊手術について。【手術の前と後、準備など】

前回の記事の続きです。


犬の避妊手術について。やるべき?いつやる? - 犬大好き!犬と生活するブログ。
我が家のさくらは生後半年しないうちに、避妊手術を行いました。理由は前回の記事にありますので参考にどうぞ。

そして今回は、手術前の準備と終わってからの経過観察とお散歩復帰。
時系列に記述して行きたいと思います。

※獣医さんやワンコの状態によってかなり振れ幅があります。
あくまで我が家の経験ということで、参考にして下さい。

【全体の流れ】

  1. 決定するのは手術の約1ヶ月前
  2. 手術の1週間前に血液等の検査
  3. 手術日の朝に獣医さんに引き渡し
  4. その日の午後に手術
  5. 一晩経過して何でもなければ退院
  6. 1週間はお散歩なしで家で経過観察
  7. 1週間後、獣医さんに診てもらう
  8. 問題なければその日の帰りからお散歩再開

だいたいこんな感じです。

【手術前はこんな流れ】
■約1ヶ月位前から手術の話
さくらは生後2ヶ月でお迎えしました。そして、小型犬は早くて生後半年で生理が来てしまうので、生後4ヶ月を越えた頃--手術の1ヶ月位前から、獣医さんとどちらともなく避妊手術の話をするようになりました。
この時点で、仮の手術日を決めておきます。

■約1週間前に血液検査、問診、触診
手術予定日の約1週間前に血液検査などを行います。
肝臓の数値が高く、これで去勢手術が延期になったワンコもいますが、疾病がない限りはだいたいクリアします。
問題なければ、手術の日取りが決定となります。

※ちなみに肝臓の数値が高かった子はその後何事もなく去勢できました!

■手術の当日の朝に引き渡し

f:id:plumpdjs:20131227134957j:plain
ついにその日がやってきた…ドキドキ、本当に不安ですよ。

手術はその日の午後に行うので、朝に引き渡します。持参したのは以下。

  • 連れて行って帰るためのキャリーバッグ
  • お泊まりで寂しくないよういつもの毛布
  • 暇つぶし用のオモチャ
  • いつものフード(これは念のためです)

 

基本的に術後は食事をとらないのでフードは使いませんが、場合によっては与えることもあるそうです。
そんな時に、アレルギーがあったりしたら大変なので、持参したフードを上げることになります。

■手術開始から終了までは2時間程度
さくらの避妊手術自体は40分程度だったそうなのですが、乳歯の抜歯臍ヘルニア(いわゆるでべそ)を塞ぐ手術も行ったので麻酔をかけてからお腹を縫って我が家に連絡をもらうまでが2時間位。「何かがあったらどうしよう」と本当にドキドキの時間でした…。
「無事に終わりましたよ!」
って電話をもらったときは本当に安堵しました。

■一晩経過観察した後に退院
退院は手術の翌日の夕方。一晩経過観察して問題なければすぐに退院です。
獣医さんによりますが、以下の内容がそれまで聞いていたこととさくらが受けた手術の後が違っていてちょっと意外でした。
多分、腕のいい獣医さんなんだと思います。

  • エリザベスカラーは不要
    繊維に沿って開腹しているので一般的な手術よりも傷口が傷みにくく犬も傷口が気になりにくいので基本的には不要。ただしガブガブ噛んでしまうような場合は使う。
  • 抗生剤は不要
    これも上記の理由で、感染症になりにくいので原則不要。
  • 溶ける糸を使ってるので抜糸なし
    抜糸が必要な糸はむしろ傷が気になってしまう…ようなことを言われた気がします。

■1週間はお散歩なしで経過観察
1週間後再び獣医さんに診て頂くわけですが、それまではお散歩禁止。抗生剤などを投与しない代わりに絶対に清潔な状態を保つことになります。と言っても、特に何をするわけでもありません。しかも手術後数日はとにかく犬もだるいのです…。

  • 入院のストレスでだるい
  • 手術した後だからだるい
  • 全身麻酔をしたしだるい
  • 抜歯したから口がむずむずしてだるい

とにかく退院して3日位はひたすらだるーいので、結構ただ寝てます。「具合悪いのか?」と心配になる方もいると思いますがほとんどの場合は大丈夫だと思います。
ただし、開腹手術をした後です。何が起きるか分かりません。避妊手術をした後数日は、できるだけはり付いて様子を見てあげましょう。

f:id:plumpdjs:20141005142328j:plain
だるいからさ…。数日は寝てばっかり。

※翌日からフルタイムで仕事に行く、とかはできるだけ止めましょう。

1週間後、獣医さんに診てもらう

1週間経ちました。獣医さんに行って経過を見て頂きます。
主に触診、体温、そして傷口の具合などを丁寧に診て行き、
「大丈夫ですねー」
とのお墨付きを頂いたら、はい手術はすべて完了!おつかれさまでした!

問題なければその日の帰りからお散歩再開
はい、ここからもう普通に過ごします。記事がとっても長くなったので最後はラフにまとめますね。久しぶりの夕方の河川敷はとっても気持ちよかったです。

---------------------------------------------------
犬の困ったこと、知りたいこと、ブログの内容で思ったことなどがありましたら、ぜひコメントして下さい。お待ちしています。
こちらへどうぞ→http://www.miraclepuppy.jp/
---------------------------------------------------