犬大好き!犬と生活するブログ。

たくさんのワンコに囲まれて、超小型のミックス犬との楽しい生活。犬の健康やしつけなど、犬と暮らす人のための役立ち犬好きブログです。みなさんのワンコ生活に役立てて頂ければ嬉しいです!

留守がち、一人暮らし【犬を飼う心がけです】

共働きだけど、一人暮らしだけど、犬は飼える?
はい、飼えます。みんなちゃんと良い子で、幸せに暮らしてますよ。

サラリーマン夫婦だった我が家がさくらを迎えたのがその証拠です。


「犬がいる人生」という選択は、失うものより得るものが大きい
上記は珍しく私の生活を綴った、共働き犬飼いの一例です。


室内犬の留守番について。【ケージ飼い?室内フリー?】
これは、室内犬のお留守番のしつけについて説明した記事です。

でも、条件があります。これは必須条件です。

【お迎え直後はべったり暮らす】

お迎えしたら最初は信頼関係づくり、お世話、しつけのために、しばらくお仕事を休んで下さい。

  • 子犬なら生後半年位まで
  • 成犬なら1〜2ヶ月間

ワンコとべったりの生活を送って下さい。

【なんでべったりじゃないといけないの?】

主に以下のような理由からです。

■飼い主さんの家族になる

初めて来たおうちは、ワンコにとってはまだ安心安全な我が家ではありません。
「知らない人に誘拐されて見知らぬところに来てしまった状態」だと思って下さい。
凄くフレンドリーで最初から懐く子もいますが、とても警戒心が強い子もいます。見た目懐いているようでも実はそうでもない子もいます。
犬は人間同様社会性の高い動物ですが、反面最初は時分の本心を見せてくれないのも、人間と一緒です。ですので、最初は信頼関係を築いたりすることが必要となります。

■しつけを行う

お迎えした直後はあなたのおうちの決まりごとを何も知りません。
成犬としてお迎えした子は今までの経験(トイレの場所やごはん、寝るところなど)を矯正する必要があります。仔犬はそれどころか「トイレを特定の場所でする」ことすら知りませんから、すべてを教える必要があります。

■お留守番のできる犬にする

これは上記の項目に共通することです。あなたがお家にいないことを前提でお迎えしているからこそ、お留守番の出来る犬にすることはしつけのなかでも最も重要なことです。
お留守番のしつけについては後述しますが、それも含めて、この「べったり期間」がとても大切なことなのだと思って下さい。

■仔犬の場合はマメなお世話が必要

2〜3ヶ月程度の仔犬をお迎えした方は、人間で言えば「赤ちゃんを育ててる」と考えて下さい。この「べったり期間」がいかに重要か、がよくわかると思います。

  • 日に何回もご飯をあげる
  • ケーブル類をかじるのを止めさせたりする
  • 体調が悪くなったらすぐに獣医に行く
  • お散歩トレーニングをする
  • 人にたくさん慣れさせる
  • 吠え、噛むことのしつけをする

他にもたくさんありますし成犬でも共通して行う必要のあることもありますが、仔犬はざっとこんなことを数ヶ月は続けていく必要があります。

【お留守番できるようになったら】

お留守番が出来るようになったらお仕事に復帰して下さい。でも

  • 朝のお散歩、朝ごはん、コミュニケーション
  • 夜のお散歩、夜ごはん、コミュニケーション

は、できるだけしてあげて下さいね!(お散歩は出来ない日もあるので必須ではないですけど基本です)

f:id:plumpdjs:20140715163903j:plain
2ヶ月に満たない我が子の写真。大変だったけど、一番かわいい時期はすぐに終わりますから、精一杯一緒にいてあげましょうね。
---------------------------------------------------
犬の困ったこと、知りたいこと、ブログの内容で思ったことなどがありましたら、ぜひコメントして下さい。お待ちしています。
こちらへどうぞ→http://www.miraclepuppy.jp/
---------------------------------------------------